INDEX 鉄舟コレクションスタンダードライン 鉄舟コレクションMライン 鉄舟のこだわり 「鉄舟」熟練の技 鉄舟こだわりの道具
鉄舟コレクション
筆司鉄舟
熟練した職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られています
竹森鉄舟」が会長を務める「竹宝堂」は、広島・熊野でも屈指の筆工房です。
その工程のすべてが熟練した職人の手によって作られています。
毛を選別
毛を選別
各産地から届けられる毛の品質を厳しくチェックし、良質のものだけを選別します。
混毛
混毛
人間の髪の毛と同じように、「硬さや太さ、クセ」などがひとつひとつ異なる天然毛。すべて均一の品質を維持するために混毛作業を行います。
逆毛取り
逆毛取り
天然毛特有の脂を取り、毛を真っ直ぐにする作業後、半差しという筆作り専用の道具で、先端のない毛や逆毛、擦れ毛を取り除きます。熟練した職人にしかできない技術です。
コマ入れ
コマ入れ コマ
化粧筆の命ともいうべき穂先(毛の形)の形を作るのに欠かせないのがコマ(木型)作り。穂先がイメージ通り仕上がるかを左右するコマ入れは、すべて鉄舟自ら手掛けています。
しばる
櫛割り
コマ入れされた毛を、針金でしばります。
揉み出し
揉み出し
穂先の形状を整えて針金で縛った後、より完璧な形状を作るために揉み出しを行います。仕上げたい穂先の形をイメージしながら、ひと揉みごとに目で見て毛に触れてどこをどう揉んだらよいかを瞬時に確認します。その繊細でまろやかな両手の動きは、化粧筆の善し悪しを決める最も大切な工程です。
金具付け、プレス
金具付け、プレス
揉み出しで整えた穂先を軸に取り付けるための金具にセットしプレス機でしっかりと固定します。
形を整える、毛の固定
形を整える、毛の固定
金具に取り付けた穂先をもう一度最終的な形に整え、金具の裏から特殊な接着剤を注入して、毛の一本一本をしっかりと固定します。
むだ毛も処理、軸づけ
むだ毛も処理、軸づけ
接着剤で固定できなかったむだ毛を丹念に抜き取り、穂先を軸に取り付けます。
最終検査
最終検査
鉄舟自身が、一本一本最終の仕上がりをチェックします。最後まで手を抜かず、最高の穂先だけを送り出すまでが鉄舟の仕事です。